エロ動画を選ぶ楽しみ

エロ無料動画をヒマなときに見ていると、ときどき「え?こんな美人が?」というエロ動画に当たったりする。

こういうことが突然、事故的にあったりするからエロ無料動画は面白いよね。

最近は、レンタルショップにAVを借りに行くなんてことも全くなくなった。

参考<レンタルビデオ業界が衰退する理由 | 仕事の基礎

なにしろ、家でPCでエロ動画は無理なく楽しめるので、借りに行く必要がないからね。

しかし、これもちょっとした楽しみを奪っているということも否定できない。

レンタルショップのAVコーナーは、たいがい店の奥、あまり目のつかないところにあったりする。

店の奥までゆっくりと侵入。

でも直行はせず、いろいろと映画なんかを物色して(いるフリをして)まわりに人がいない時を狙ってAVコーナーに侵入する・・・こんな経験は健康な日本男子なら誰もがしたことがあるはず。

で、AVコーナーに入ると、表紙から想像力を屈指して、中身を連想、そしてチョイスという流れ。

この表紙から想像力を屈指して、中身を連想する・・・という作業は大変だけど、意外に楽しかったりするもの。

なんというか、表紙はこちらの欲望をあおるようなことを書いてはあるが、看板に偽りがないのかをこちらも必死で確かめる。

こんな喜びもあったりするんだよね。

Comments are closed.